新しい家で冷暖房費用が大幅に減った!?

新しい家を建ててみて思うことと言えば、まずは「光熱費がアパート時代よりもかからない!」ということでしたね。とくに冷暖房費は大幅に減りました。いや、私たちが新居が建つ以前までに入っていたアパートがちょっとおかしかったのかも知れませんが、とにかくやたらと暑い部屋だったのですよね…。

とくに西日がきつくって。ですからそのような太陽の日差しが不必要に暑い部屋に住んでいましたら、当然冷房費用が上がりますよね。それにも関わらず、冬場は温かいかと言えば、決してそういうわけではない…と。ですから冷暖房費用がかかり過ぎていたのです。

けれども新しい家に住んでみたらどうでしょう。

窓を小さくすると、より断熱性を高める家づくりができます。家が冷えてしまうのは、その窓から入る外気の量にも原因があります。

窓が大きければ大きいほど、その冷たい外気の量も増えるわけです。そこで、窓を小さくし、その量を減らしたのです。

今なら窓のサイズも豊富にあります。小窓や中窓と呼ばれる窓を選ぶのも良い方法です。風が強く吹きやすい場所にはこういった小さな窓を選び、あまり風が吹き付けない場所には大きな窓を選べば、より断熱性も高まります。

又、窓も人の胸の位置に取り付けられるコンパクトなサイズのものから、頭の上ほどの位置に取り付けられるような丸い形の小さな窓もあります。

それらを上手く配置すれば、しっかりと日差しも入ってきます。又、窓の数も減らすといいのです。

そうすれば、より外の冷たい外気が入る量を減らすことができます。又、暖房をつけては暖まった部屋の空気を外に逃がす量も減らすことができ、断熱効果を高めることができるのです。
その結果、冷暖房費用が半分…とまではいかないもののそれに近い位の印象を受ける程に、大幅に冷暖房費用が下がりました。
小さい窓の他の理由としては、分厚い断熱材も使用しました。そして、ちゃんと空気の流れを考えられた新しい家の構造も一因だと思います。エアコンを付けた空気が上手に家中を流れていき、少ない台数で家中を温めることが出来、ある程度温まったらエアコンを消しても断熱材によって部屋が温かいままでいられるのです。

ですから新しい家になってからの方が使用する面積は大幅に増えたものの、冷暖房費用は大幅に減りました。

<特別サポート>
生命保険の選び方|ページランク|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|内職|英語上達の秘訣|GetMoney|JALカード|ページランク ランキング|家計見直しクラブ|超SEO対策|アフィリエイト相互リンク|女性向けエステ.com|お小遣いNET|健康マニアによる無病ライフ|